一個人2020年1月号にお守り特集

雑誌「一個人」2020年1月号の特集「開運の作法」でお守り特集が掲載されます。 普段は神社のお守りを紹介することが多いのですが、今回は神社もお寺も合わせてお守りを紹介することになりました。

金運のお守り(新屋山神社)

金運神社として突如有名になった富士山の麓にある新屋山神社の金運のお守り。 冬の期間中は、その有名な金運スポットへの道が閉鎖されているのですが、 小さいお宮ながら有名とだけあって、人が絶えません。

福銭開運のお守り(虎ノ門・金刀比羅宮)

虎ノ門の金刀比羅宮では、毎年元旦から1月10日までの間、福銭開運のお守りが授与されています。このお守りは身につける物では無くて天井に貼り頭を恵方に向けて祀る珍しいものです。日頃はこのお守りを下から拝みます。 このお守りは

トイレの神様、うすさま明王やで

紅白で「トイレの神様」という曲が流れ一躍有名になったそうですが、このトイレの神様は烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)が知られています。 元はインドの炎の神様で、あらゆる汚れを焼き尽くすとされています。このためトイレを清め

麻のお守り

日本では、本来「麻」と呼ばれる植物は大麻(おおあさ、たいま)という植物をさしますが、現在では亜麻(あま、リネン)や苧麻(ちょま、ラミー)のことを麻ということになっています。 大麻と言うと、麻薬のイメージがついてしまいまし