御朱印

寺社に参拝していると、なにやら筆文字に朱色のスタンプが押されたものを書いてもらっているのを見かけたことがありませんか?特に京都の大きなお寺では大勢の人がもらっているのを見かける事があります。

これは御朱印と言われていて、自分で写経をしたお経をお寺に納めた際にいただける印が起源と言われています。現在では神社でもお寺でも300円から1000円ぐらいの金額でいただけます。

特に西国(さいごく)三十三箇所霊場や四国八十八箇所霊場などの霊場巡りの際にいただく御朱印が有名で、専用の御朱印帳が用意されているほか、白衣や掛け軸などに御朱印をいただくことも人気です。

京都で御朱印をもらっている人を多く見かけるのも、京都を中心とした近畿圏の観音霊場を参拝する西国三十三箇所霊場の御朱印を集めている人が多いからでしょう。

御朱印はこのようにシリーズで揃えるものの他、自身の参拝の記録として、御神縁、御仏縁を結ぶ気持ちで、御朱印帳に押していただく方も多いようです。神社とお寺では分けている方が殆どでしょう。

では、御朱印をいただくにはどうすればよいでしょうか?
西国のように、観音霊場として整備されている場合は、専門の窓口があり、御朱印帳と納経料(=御朱印料、多くは300円)を出すとその場で書いてくれることが多いです。専用の御朱印帳でなくとも大丈夫ですし、御朱印帳を忘れた場合は、紙(適度な大きさに切った半紙)でもらう事も出来ます。本来は写経したものを納めますが、納めなくてももらえることが殆どで、納めたい場合は指定の場所に奉納しましょう。場合によっては別途納経料が必要となることがあります。詳しくは霊場巡りの際に解説したいと思います。

神社では、有名なのが全国一の宮の御朱印があります。旧国の一の宮に1〜2つ程度ある一の宮と言われるその土地の最有力な神社を巡り御朱印を集めます。全国一の宮会が御朱印を出しています。100社以上の神社が全国に点在していますから、全部揃えるのには大変な時間がかかると思います。

その他、各地の七福神巡りでは、その土地の七福神で専用の色紙が出ていることが多いので、これを利用すると便利でしょう。共通のお守りが出ていることが多いので、全部揃えて七福神を完成することも出来ます。

もちろん全ての神社やお寺で御朱印を行っているわけではありませんし、特定のお祭りの際は出さない、逆にある期間のみ特別な御朱印を用意しているなど、寺社によって違いがあることも多いので、ご注意下さい。