歴代天皇の御歌

2011年2月2日

立春天(仁孝天皇)

岩戸あけし神代おぼえて天つ空日がけうららに春は来にけり 仁孝天皇は、江戸時代の天皇で、家斉が将軍の時代です。 当時は国内は政治が乱れ、外国船がうようよしている大変な国難だった時です。 京都に現在の学習院の全身となる学習院…

Read More…

2011年1月22日

をりにふれたる(明治天皇)

天てらす神のみいつを仰ぐかなひらけゆく世にあふにつけても…

Read More…

2011年1月15日

筆(大正天皇)

なかなかに新しきより手馴れたるふでこそもじは書きよかりけれ…

Read More…

2011年1月4日

四方拝(大正天皇)

もろもろの民安かれの御いのりも年のはじめぞことにかしこき…

Read More…

2010年12月31日

海邊新年(大正天皇)

海人(あま)が家もからばかりなるかど松に年の始をいはひかはせり…

Read More…

2010年12月24日

子ども(歌会始お題)

氷る廣場すべる子どもらのとばしたる風船はよくそらのはるかに…

Read More…

2010年12月19日

ちはやぶる神のひらきし道をまたひらくは人のちからなりけり 明治天皇…

Read More…