カテゴリー: 歴代天皇の御歌

立春天(仁孝天皇)

岩戸あけし神代おぼえて天つ空日がけうららに春は来にけり 仁孝天皇は、江戸時代の天皇で、家斉が将軍の時代です。 当時は国内は政治が乱れ、外国船がうようよしている大変な国難だった時です。 京都に現在の学習院の全身となる学習院…
続きを読む


2011年2月2日 0

をりにふれたる(明治天皇)

天てらす神のみいつを仰ぐかなひらけゆく世にあふにつけても


2011年1月22日 0

筆(大正天皇)

なかなかに新しきより手馴れたるふでこそもじは書きよかりけれ


2011年1月15日 0

四方拝(大正天皇)

もろもろの民安かれの御いのりも年のはじめぞことにかしこき


2011年1月4日 0

海邊新年(大正天皇)

海人(あま)が家もからばかりなるかど松に年の始をいはひかはせり


2010年12月31日 0