omamori

omamori

伊弉冉尊(いざなみのみこと)

日本神話で初めての夫婦として登場する女性の神様。日本列島を生み出し多くの神様を生み出しました。しかし火之迦具土神を産んだときに火傷で亡くなってしまいます。黄泉国に会いに来た伊弉諾尊に腐敗して蛆にたかられた姿を見られてしまいました。その姿を恐れた伊弉諾尊は逃げ帰るところを追いかけるという神話が残っています。

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)

日本神話で初めての夫婦として登場する神様。天の浮き橋から天沼矛で海をかき回し、出来上がった淤能碁呂島にて伊邪那美命と結婚しました。現在の淡路島を始め、大八洲(本州・四国・九州等)の島々を作りました。黄泉国から帰って禊をしたときに、左眼から天照大御神、右眼から月読命、鼻から建速須佐之男命の三貴子が産まれました。

弟橘媛(おとたちばなひめ)

日本神話のスーパーヒーローである日本武尊のお妃様です。日本武尊の東国平定の際に走水の海を渡るとき、海が祟って船が進まなくなりました。弟橘媛が身代わりとなり無味に身を投じたところ、船が進むことができました。「わが妻よ!(あづまはや)」と嘆いたことで、東国を「あずま」よ呼ぶようになったといいます。

思兼神(おもいかねのかみ)

高天原の知恵袋とも言われる思兼神は、岩戸隠れの際に岩戸に隠れてしまった天照大御神を外に出すために八百万の神たちに知恵を授けた神様です。国譲りでは葦原中国に派遣する神の選定を行ったり、天孫降臨で邇邇芸命にお供するなど、重要なときに幅広い知識を使って助言を行いました。知恵・学問の神として信仰され、秩父神社や戸隠神社中社などで祀られています。

豊玉姫命(とよたまひめ)

なくした釣り針を探していた山幸彦と出会い結婚した豊玉姫命です。故郷に帰った山幸彦の追い地上にやってきて子供を生みますが、産屋を覗かれサメとなった姿を見られてしまいます。これを恥じて、海の国に帰ってしまいました。夫や息子(彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊)を想い、妹の玉依姫を差し出しました。彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊の子が初代天皇の神武天皇となります。

少彦名命(すくなひこなのみこと)

大国主神を助けて国造りを進めた神様です。病に倒れた少彦名命が温泉に浸かると回復したという神話から、温泉の神様、医療の神様として知られています。またお酒の作り方を教えた神様として、お酒には薬効があることも伝えた神様としても知られています。神仏習合時代には薬師如来と同一視されていました。

豊受姫神(とようけひめのかみ)

天照大御神の食事を司る神様として、伊勢神宮の外宮鎮座している神様です。農業の神様でもあり料理の神様でもあります。伊弉冉尊の尿から産まれた和久産巣日神の娘です。これは農業で糞尿が農産物の肥料になることが関係していると思われます。天照大御神を祀る神明宮で一緒に祀られていたり、神社系のお稲荷さんとして祀られていることもあります。

瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)

天照大御神から命じられ三種の神器とともに高千穂へ降り立つ天孫降臨の主役が瓊瓊杵尊です。天地が豊かに賑わう神という意味で、稲作をもたらした神様です。天津神の瓊瓊杵尊が国津神の木花開耶姫と結婚しました。その子孫が天皇の系譜とつながっていきます。

菊理媛命(くくりひめのみこと)

日本書紀では伊弉諾尊と伊弉冉尊が黄泉平坂で争ったときに取り持った神として登場します。このことから、縁結びの神様とも縁切りの神様とも言われています。物事をくくるとという神様で、調和を図ったり、仲介や執り成しなどを行うと言われています。石川県の白山比咩神社を総本社として、全国の白山神社で祀られています。

大山祇神(おおやまつみのかみ)

全国の山を統括する神様で、大山祇を祀る総本社、愛媛の大山祇神社は日本総鎮守とも称されているほどです。一方で海の神ともされていて、瀬戸内海の水軍に崇敬され、宝物殿には兜や鎧が奉納されています。その数は全国の国宝・重文クラスの7割に達するそうです。

神功皇后(じんぐうこうごう)

仲哀天皇の皇后で、身ごもりながらも三韓征伐を行い帰国後応神天皇を出産しました。八幡神の一柱として応神天皇とともに祀られている神社が多くあります。妊娠中にさらしを腹に巻く風習は、この伝説から来ていると言われています。特に武家社会で崇拝され日本中に言い伝えが存在します。

大山咋神(おおやまくいのかみ)

山を開拓しそこに杭を打ち所有することを表す神様です。京都と滋賀の間にある比叡山の神様で、総本山は日吉大社です。酒造の神様としても知られる松尾大社の主祭神でもあります。天台宗とも深く山岳信仰とも関係が深い神社です。全国の日吉神社、日枝神社、山王神社、松尾神社で祀られています。

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

天照大御神が素戔嗚尊の誓約で素戔嗚尊の剣から産まれた神様です。宗像三女神の一人で弁財天として祀られている神様です。 宗像大社辺津宮のほか、厳島神社や江島神社など全国で祀られています。航海安全を護る神様ですが、宗像大社は道主貴とも称され、あらゆる道をお導きになる尊い神様という意味です。